また会いましょうECC

ECC周辺の家によく飾ってあったやつ

スコッティ達とサヴォンさんに送別会、と言う名の飲み会を、ビールの当たりで手に入れたビールで催していただいた。
といっても、ほぼ、スコッティとサヴォンさんとおれだけやったけど。

この、当たり、で手に入れたビール、なんと40缶近くあった。いったい何本飲んだんやろう…。
しかし、この夜は、スコッティの英語がいつもに増して難解やったなぁ。度々、サヴォンさんと顔を見合わせて分かんないね、って笑い合う。

最終的に、ビールは12,3缶くらいしか空かんかったな。

Members in ECC held farewell party for me with many beers by hit marked ones.
Although I say, there were just Scotti and Savuth almost time.

The number of these beers were almost 40 cans. I wondered if how many beers did they drink for this party…
Scotti’s english was more difficult to recognize than another days. I and Savuth often looked at each other and contacted how we can’t understand it. And we smiled each other.

Finally we drunk just 12 or 13 beers.

翌朝、彼はバッチリ二日酔いでした。まぁ、飲んでたんほとんど彼やったし。日本離れてからアルコールのキャパ、より低なったなぁ、おれ。

On the next morning, Scotti got hanover so much. Because he drunk almost that beers. After leaving Japan, my capacity of alcohol became lower than before.

結局、日本語、英語を子供達に教えにきたつもりが、ウェブ周りの手伝い、ECCの2校目の準備、息子さんへのパソコン指導、やった。授業のアシスタントはしたけど、おれいんくても問題なかったし。
ハイライトは、Workawayのプロフィールページ修正だな。

I came here for teaching Japanese and English for children. But after all, I did helping about web, preparing for ECC 2nd, teaching about PC for their son. I assisted their classes, but I think they don’t need the assist.
My highlight as volunteer here was editing their profile page on workaway.

お別れの挨拶の時、サヴォンさん、マダイ、はよ帰ってきてね、て言うてくれた。
ウルルン滞在記やん!なんとかアトムのナレーション流れたわー。

When I leave ECC, Savuth and Madai said to me ‘Come back soon’.
It’s “Ururun Taizaiki*”! The narration played in my mind.

*Ururun Taizaiki… It’s a Japanese TV program.

さいなら!また会いましょう!

Good-bye!! See you again!

Web site: http://ecccambodia.org/
Workaway: http://www.workaway.info/599236688278-en.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です