去る人来る人

In ECC 2nd

急遽、ナオさんが一時帰国することになった。予想外。

オーガニックとゴマとアメリカをこよなく愛する話、何回も聞いたなぁ。何回も聞いたなぁ。
やたら、おれの恵比須顔と性格を褒めてくれたなぁ。
何にも真剣で、素直で、特定の状況下で大助花子の花子に似た、素敵女子やったなぁ。
満月の夜は、彼女の頭、丸めたなぁ。尼僧みたいやったなぁ。

またいつか会いましょう!

Suddenly Nao has needed to come back to Japan. Unexpectedly.

She told me the stories she love organic, sesame, and U.S.A many times. Many times.
She praised my smiling face and character so much.
She was serious for everything, honest, and similar to Hanako of ‘Daisuke and Hanako’ in a specific situation. In short, she was nice girl.
In full moon night, I cropped her hair. She looked like a nun.

See you someday!

と思ってたらナオさんの帰国日に新たにボランティアとして、スコティッシュカップルが来た。

And unexpectedly, Scottish couple came to here as volunteers on Nao’s leaving day.

彼氏のスコッティ(本名スコット)はスコットランドの地方訛り?が強くて、英語を話してるはずやのに、おれの拙いリスニング力ではびっくりするくらい聞き取れへん。一方、彼女のルイズは聞き取りやすい英語なので、以後、ことあるごとに通訳してもらう。英語を英語で通訳。英語で通訳、英語を。

フレンドリーで、お互い酒飲みで、たまにブラックジョークで、とても素敵なカップル。

カンボジア来てからほぼお酒飲んでなかったから新鮮。しかも、ここカンボジアのアンコールビール、プルトップの裏に当たりのサインがあればもう1缶!しかも、わりと高確率。おれは2割くらいの確率で当たってた。特にスコットはヒキが強くて、7割くらいの確率で当ててた。

おれが2週間後にここを離れることを言ったら、じゃあ当たった分のビールでパーリーしようぜ、と。あざーす!

The English accent of boyfriend Scott is too strong for me. He speaks to me by English, but I can’t understand his talking amazingly because of my poor listening skill. On the other side, the girlfriend Luise’s one is so clear. So she translates it for me every time. Interpreting English by English. Interpreting English by… English.

They are so friendly, hard drinkers, and say black joke. It’s very nice couple.

It’s so fresh for me because I haven’t drink since coming to Cambodia.
We can get one more beer if we get pull-top marked a hit by ‘Angkor beer’ made in Cambodia. Moreover it’s high probability. I got it with a 20% possibility. Especially in Scott’s case, it was a 70% possibility.

After I told them that I’ll leave here 2 weeks later, they said let’s have party by the hit beers! Very nice!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です